KURENAI NO SYSTEM
http://kurenainosystem.jp/

【コラム】

ターゲットバイイング

ターゲットバイイングとは、オプションの投資戦略の一つで、原資産価格より低い行使価格(アウト・オブ・ザ・マネー)のプットオプションを売る(ショートプット)戦略のこと。

「スワップ派においてスワップ益は買いポジションを取らなければ全く入って来ないので、ポジションを取りたいところです。しかしながらドル円が80円まで上昇しています。ちょっと前の79円くらいで買っておけばよかったと思う場面。」または、「希望する価格帯になっているので購入しても良いが、まだ値下がりするかもしれない」と考えているケースでこの戦略をとることで、値下がりによって当該オプションがイン・ザ・マネーになった場合には、オプションの買い手の権利行使により当該原資産をオプション行使価格で購入することになり、値上がりした場合には、プットオプション販売時のプレミアムを受け取ることができる。

この時
1.今すぐ80円で買ってしまう。
2.79円に指値注文を入れておく。
3.1ヵ月後に798円より円高になったらドル円を売る権利を売る。


2の安くドルを買うために79円でドル買いの指値を出す場合、79円のPUTオプションを売る方が、ある意味経済的に優れている。

>79円まで円高にならなければ購入できないのは同じであるが、PUTオプションの売りにはオプション料が入る。
>79円以上の円高になれば79円で購入することになるのは同じであるが、PUTオプションの売りにはオプション料が入る。
>79円以上の円高になったものの、その後満期日には79円以下の円高に戻した場合、PUTオプションでは戻しの利益を得る機会を逃す(満期日までの時間的要素で投資機会を失う)が、オプション料が入る。




ターゲットバイイングが指値より有利だと感じられるのであれば、カバード・コール/ カバード・プット戦略カまたはレンダー・スプレッド戦略を組み合わせ、必勝法があるのでは?



inserted by FC2 system