KURENAI NO SYSTEM
http://kurenainosystem.jp/

【コラム】

将来をイメージすること

- 人はイメージすることで、体がそれに反応します

- 良いイメージを持てば、体も行動も良い方向に向かい、良いイメージが実現します。


 目標設定(将来をイメージすること)は、言わば自己実現のための、重要なプロセスとも言えるでしょう。
 「どうせ無理、できっこない」と思っていれば当然、体や行動もそのイメージ通りに反応し、実現できるかもしれない事も実現できず、「したい、なりたい、できるはず!」と思えばそれは実現できるのです。

 目をつむって行うプラスイメージや瞑想は、自己実現するブレーントレーニング法としては良い方法だと思います。
 ここで大事なのは「喜び」しっかり思い描き、そのプラスイメージを描く事で、それを達成するための行動や対処策が分かってきます。何事を行う場合でもワクワクしながら行うということが大事だということです。




 どんな人も一生成功し続けることはまず不可能である。
 ある程度の社会的信用と立場がつけば、あとの成功は自己満足以外の何ものでもない。
 社会的立場などにとらわれない信念によって高められた本物を身につけていく自信をイメージしてみよう。
 ワクワクしていると、自然と自信がわいてくる自分に気付くだろう。
 自信を持ってこそ、その人の力が充分に発揮できるというものである。
 だから、自信を持つことがチャンスを生かすことにつながるわけだ。
 失敗を恐れる必要はない。信念をもってさえいれば、何事も前向きにとらえることができるのだ。




 集中力を集めるために効果のある呼吸法(気功法)
    ①きちんと正座をするか、椅子に腰掛けるなど自分にとって楽な姿勢で座り、気持ちをリラックスさせる。
    ②いったん背筋を伸ばし、すぐに肩とみぞおちをストンと落とす。
     このとき、肩とみぞおちをストンと落とすことに集中する。
    ③次に肩とみぞおちを落とした姿勢のまま、 口から息をハーッと吐き、吐き切った鼻からスーッと息を吸い込む。
    ④二呼吸目からは、口から静かに細く長く息を吐くようにし、そして吸うときは鼻から静かに吸う。ゆっくりと吐く・吸うの動作を繰り返す。
    ⑤10~20分この運動を行ったら、しばらく黙想して体を休める。

 気功法とは、どれだけ集中できるかにかかっている。
 1つの対象に集中して直感力を高める。そのために細く長く息を吐く。
 基本原理はごく簡単なことである。










inserted by FC2 system