KURENAI NO SYSTEM
http://kurenainosystem.jp/

デジタル信号処理技術

Digital Signal Processing Technology

マーケットをトレンドとサイクルの合成と定義し、サイクルモードのレートの推移はサインカーブで捉えます。 ほとんどすべての周期関数は、整数分の1の周期をもつ正弦波の重ね合せにより表現できます。 サイクルがわかればその周期の期間でサイクルを相殺しトレンドラインのみ抽出できます。
 また、マーケットは、レートの推移がトレンドラインをX軸としたサインカーブとなることから、マーケットの状態が判断できるようになります。 ただし、フーリエ変換等による周波数の特性を解析しても、ただちに投資収益に結びつく直接的な情報を見出すことは難しい。 つまり、相場はx(t)の時間軸の関数であるが期間の相場の特性はわかっても現在の瞬間の状況は判断できないということである。

Back to Top


Time series

Back to Top


Artificial Intelligence

Back to Top


inserted by FC2 system